ライトハウスでの誹謗中傷や悪質な口コミは削除請求をしましょう。

この記事ではライトハウスの口コミでお悩みの皆様に向けて、口コミを削除する方法を弁護士が解説します。

なお、削除できるかどうかの判断は難しいです。まずは弁護士へのご相談をお勧めします。

目次

悪い口コミと採用活動への影響

転職サイトの悪い口コミが、採用活動に影響を及ぼしていると感じたことはありませんか。

人材確保は企業の重要な経営課題です。

転職情報サービスの普及により、企業の口コミは簡単に閲覧できます。

悪い口コミは、求職者が企業への応募を控えるなどネガティブな影響を与えます。

ライトハウス(en Lighthouse、旧カイシャの評判)の特徴

ライトハウスとは、エン・ジャパン株式会社が運営している転職総合サイトです。

ライトハウスには、現社員や元社員から企業の評判、職場の雰囲気、福利厚生、年収などの口コミが多数投稿されています。

企業の口コミは、会員登録して口コミの投稿をしないとすべては閲覧できない仕組みとなっています。

ライトハウスの情報は、求人情報に掲載されていない、現社員や元社員の現場の声であり、求職者にとって非常に参考になる情報です。

企業側は、求職者がライトハウスの口コミを参考にしている可能性があると考えましょう。

ライトハウスの運営方針

運営方針

会員登録時に SMS 認証による本人確認を実施します。

投稿された口コミは即時反映はせずに一度事務局での目視確認を行い、ガイドラインに基づき不適切な投稿の掲載は行わないという運営方針です。

ライトハウスで削除可能な口コミ

ライトハウスでは、口コミ投稿ガイドライン利用規約で、以下のような禁止行為を定めています。禁止行為に該当する口コミは削除できる可能性があります。

実体験ではない内容の投稿(憶測、伝聞、噂など)

NG例

「営業現場の社員から、教育がまったくなっていないと良く聞いていました」

「品質表示とは異なる原材料を使用し、コストカットをしているという噂があります」

個人情報保護の観点から問題がある投稿

NG例

「前社長がとても良い方だったが、病気が原因で退任された。」

大げさに決めつけた表現・事実と異なる内容の投稿

NG例

「理不尽な解雇が多く誰も会社を信用していない。」

「経営ビジョンがないので将来性は全く無い。」

特定個人及び企業への誹謗中傷の投稿

NG例

「バカ」「アホ」といった悪意のある表現を含むもの

「腰かけ程度の会社」といった侮辱的な表現を含むもの

など

ライトハウスに口コミ削除の請求を行う方法

ライトハウスに口コミ削除の請求を行う方法は、裁判外の任意請求と裁判上の請求の2つがあります。

任意の削除請求

ライトハウスに対して、口コミの任意削除請求を行う流れは以下のとおりです。

Step1
削除依頼書(送信防止措置依頼書)の作成
Step2
エン・ジャパン株式会社に削除依頼書を郵送
Step3
エン・ジャパン株式会社で審査
解決
削除の可否を判断

裁判上の請求

Step1
弁護士にご依頼
Step2
法的な削除請求(削除仮処分申し立て)
Step3
審理
解決
削除決定

投稿削除

投稿の削除には時間がかかります

削除請求を行う場合、書類の準備や審査の時間がかかります。

任意の削除請求で1カ月程度、裁判上の請求で2~3カ月程度はかかります。

採用活動を始める前に削除しておきたい投稿がある場合は早めに着手することをおすすめします。

弁護士に依頼すべき理由

弁護士に依頼すべき理由は、以下の3つです。

(1) 法的観点に基づいた削除理由を作成します

悪い口コミという理由だけでは削除はできません。法的観点に基づき、権利侵害の理由を説得的に記述することが重要になります。

そのため、削除理由の作成は、弁護士に依頼するべきといえます。

(2) 削除の仮処分や発信者の特定手続も可能です

任意削除請求を行っても削除の対応を取らない場合は裁判所の手続を利用する必要があります。

裁判所を利用する削除の仮処分や投稿者の特定の手続きは、経験と専門的な知識が必要になります。

経験ある弁護士が、会社のご意向に沿った最適な手続選択を行います。

(3) 会社で対応する手間が減り、時間も短縮できます

会社側で一から対応しようと思うと、手探りの状態から調べながら対応することになり、手間と時間がかかります。

弁護士に依頼することで、会社で対応する手間が減ります。

効率的に手続きを進めることで時間の短縮にもつながります。

まとめ:ライトハウス

ライトハウスに口コミ削除の請求を行う方法は、裁判外の任意請求と裁判上の請求の2つです。

ライトハウスでは事務局が目視で確認したあとに投稿を表示します。

削除できる範囲の判断は難しいです。弁護士へのご相談をお勧めします。

関連記事