転職会議での誹謗中傷や悪質な口コミは削除請求をしましょう。

この記事では転職会議の口コミでお悩みの皆様に向けて、口コミを削除する方法を弁護士が解説します。

なお、削除できるかどうかの判断は難しいです。まずは弁護士へのご相談をお勧めします。

目次

悪い口コミと採用活動への影響

転職サイトの悪い口コミが採用活動に悪影響と感じることはありませんか?

人材確保は企業の重要な経営課題です。

転職情報サービスの普及により、企業の口コミは簡単に確認できます。

悪い口コミは、求職者が企業への応募を控えるなどネガティブな影響を与えます。

転職会議の特徴

国内最大級の転職口コミ情報が掲載されていること

転職会議とは株式会社リブセンスが運営する転職総合サイトです。

転職会議には、現社員や元社員から企業の評判、職場の雰囲気、福利厚生、年収などの口コミが多数投稿されています。

企業の口コミは会員登録しないとすべては見られない仕組みです。

求職者は転職会議の口コミを見ている可能性があること

転職会議の情報は、求人情報に掲載がない現社員や元社員の現場の声です。求職者に参考になる情報です。

求職者は口コミを参考に就職活動をしていることが多いです。

企業側は求職者が口コミを見ていると考えましょう。

転職会議の運営方針

悪い口コミであっても削除できないのが原則

転職会議の情報は口コミ内容がネガティブという理由だけでは削除できません。

求職者にはネガティブな情報も参考になるためです。

悪い口コミが事実のときは、今後改善していくという企業の姿勢が重要です。

転職会議で削除可能な口コミ

転職会議では、口コミ投稿ガイドライン利用規約で禁止行為を定めています。

具体的には、以下のような口コミは削除できる可能性があります。

個人情報保護の観点から問題がある投稿

役員の家族構成が分かる投稿や役員の私生活に関する情報は削除の対象です。たとえば「社長には、息子と娘の二人の子供がいる」「社長は女性社員と不倫している」という投稿は削除の対象となります。

誹謗中傷を意図した投稿

「バカ」「クズ」「人間性に問題がある」「会社の駒」という誹謗中傷を意図した投稿は削除の対象となります。

実体験ではない内容の投稿(憶測、伝聞、噂など)

「噂ですが新卒者へのイジメがひどいようです」「この会社1年働けば確実に精神を病みます」などといった伝聞、噂、憶測は削除の対象となります。

転職会議に口コミ削除の請求を行う方法

転職会議に口コミ削除の請求を行う方法は、裁判外の任意請求と裁判上の請求の2つです。

任意の削除請求

転職会議に口コミの任意削除請求を行う流れは次のとおりです。

Step1
転職会議の運営元である株式会社リブセンスにお問い合わせフォームより連絡
Step2
削除依頼書(送信防止措置依頼書)の作成
Step3
リブセンスに削除依頼書を送付(メールもしくは郵送)
Step4
リブセンス側で審査
解決
結果の通知

裁判上の請求

Step1
弁護士にご依頼
Step2
法的な削除請求(削除仮処分申し立て)
Step3
審理
Step4
削除決定
解決
投稿削除

投稿の削除には時間がかかること

削除請求を行う場合、書類の準備や審査の時間がかかります。

任意の削除請求で1カ月程度、裁判上の請求で2~3カ月程度が多いです。

採用活動を始める前に削除したい投稿があるときは、早めの着手をおすすめします。

要注意!転職会議の特殊な削除方法

転職会議では問題のある投稿の一部削除を原則としています。一部削除は特殊な削除方法です。

具体的には次のとおりです。

  • 削除箇所を「******」と表示
  • 「この投稿は権利者(例:企業など)の申し立てにより掲載可能な箇所のみ表示しております。」もしくは「この投稿は、当社、または当該投稿を転載しているWEBサイトの運営会社に対して、権利者(例:企業など)が申し立てたことにより、転職会議運営事務局が削除いたしました。」などと表示される

一部削除の範囲によっては容易に以前の書き込みが推測されます。

たとえば次の投稿の一部削除の場合、「****」に入る文字は「パワハラ」と推測できます。

転職会議に削除を一任する方法はリスクがあります。

  • 社長は気に入らないことがあるとすぐに社員を解雇します。
  • 社長は、気に入らない社員に対して激しい罵倒を行うなど****がひどいです。

弁護士に依頼すべき理由

弁護士に依頼すべき理由は次の3つです。

(1) 法的観点に基づいた削除理由の作成と手続選択を行います

悪い口コミという理由だけでは削除はできません。法的な観点から、権利侵害の理由を説得的に説明することが重要です。

そのため、削除理由の作成は弁護士に依頼するべきといえます。

裁判所を利用する削除の仮処分や投稿者の特定の手続きは、経験と専門的な知識が必要です。

経験ある弁護士が会社のご意向に沿った最適な手続選択を行います。

(2) 裁判上の削除請求及び削除範囲の交渉も行います

転職会議では投稿内容の一部削除が原則です。不自然な削除、元の口コミが推測できる削除はあまり意味がありません。

一部削除をリブセンス側の判断に任せたくない場合は、裁判上の削除請求を行います。

弁護士が代理して裁判上の削除請求を行う場合は、削除の範囲についても交渉を行います。

(3) 会社で対応する手間が減り、時間も短縮できます

会社側で全て対応しようと思うと、手探りの状態から対応することになり手間と時間がかかります。

弁護士に依頼することで、会社で対応する手間が減り、効率的に手続きを進めることで時間の短縮にもつながります。

まとめ:転職会議

転職会議に口コミ削除の請求を行う方法は、裁判外の任意請求と裁判上の請求の2つです。

転職会議では問題のある投稿の一部削除を原則としています。

削除できる範囲の判断は難しいです。弁護士へのご相談をお勧めします。

関連記事